2013年 05月 28日

喪失

たいせつなもの

信じて 信じなさい 信じればだいじょうぶ


そのコトバの意味 を
素直に受けとめようと 思った

それは 小さい頃に 親の存在や絶対感を疑わないのと
似ていたかもしれない


信じなければと 思った



裏切られた 喪失への 不信
自分への 自己否定の強さは 計り知れない

それは 幼い子が
どんなに親が悪かろうが 親を守るように疑わず
怒られるのは自分が悪いからだと 自分の身を心を 刻むのと、
似ている
[PR]

# by lomgwaytofly | 2013-05-28 09:18
2013年 05月 22日

表現の栄養 続き

決めること 選択すること

したいこと
それは
みたい ききたい たべたい のみたい
はなしたい ふれあいたい わらいたい


いろいろな 方向において
決めることもあるし 選択することになることも要する


その度に 小さな選択をしているといえば そうも捉えられる


表現として 示す 表すものには
さらに 強い意思を 感じる
また、積極的な チカラを エネルギーを
そこに みる


意欲が 感じられる


それを 見て 感じられるシーんは
安心する

自分に 自己のなかに みつけにくくなっている それを

感じられる対象 それは ほっとする
[PR]

# by lomgwaytofly | 2013-05-22 09:43
2013年 05月 11日

表現の栄養

このところ、表現のことを
考えるタイミングが たびたびある



職場での場面を思い返して…

自分に起こってしまったことがうかんで…


そして、表現の 栄養の ルーツは、
やっぱり赤んぼうの時からの コミュニケーションなのだ、と思う


自ら表現することを 受け止めてもらわない経験が重なると、
もしくは 表現しようとしていたのをとめられると、

自己の 存在をブラスには 考えられなくなったり
自分から発信できにくくなっていくのだと

身を以て 感じつつ
かかわる相手に 表現がすらりとしてもらえるようにと
おもっている
[PR]

# by lomgwaytofly | 2013-05-11 13:32
2013年 05月 05日

表現すること

なにかを
それは、こころの中の なにかなのか
からだの どこかから あふれでるなにかなのか
もしくは ある日トツゼンニ あらわれるか ?


最近 実感しているのは
それは、オオキナ エネルギーが必要だということである。


なぜ、実感しているかというと、
まったく自分自身から
湧き出そうにない状態に
はいりこんでいるのに気づいたのだ
[PR]

# by lomgwaytofly | 2013-05-05 00:30
2012年 11月 16日

心を決めたいとき

生きることに意味を与えてくれるものは
死にも意味を与えてくれる





今朝、開いた『星の言葉』ページ


いつのころからか
生きる意味や 自分の生について 考えることがなくなった


考えても 生きるのだ
死ぬまでは 生きるのだ

そう気がついたら
いかに死ぬかが 気になるようになった


表と裏
どちらが 表かもわからないしどちらも裏かもしれない
そんなカラクリ
[PR]

# by lomgwaytofly | 2012-11-16 10:34